アヴェルブフが語るミロヒンがアイスエイジを去った理由

アイスダンスのオリンピック銀メダリストであり、テレビプロジェクト「アイスエイジ」の振付師兼プロデューサーであるイリヤ・アヴェルブフ氏は、ブロガーのダーニャ・ミロヒン氏が番組を去るまでの経緯を次のように語っています。

アイスエイジでミロヒンが世界選手権2連覇のエフゲニア・メドベージェワとデュエットを披露した。2年連続で同じ顔ぶれで滑った2組のうちの1組だ。2021年には観客賞を受賞している。今シーズン、メドベージェワとミロヒンが撮影に参加したのは4回で、そのうち2回はすでに放送されています。

「私たちにとって衝撃的な話だったという部分もあります。夜のトレーニングで、とても元気になった後、すべてのナンバーをダーニャにやってもらった。朝になってわかったことだが、彼はトレーニングの後、どうやら空港に行き、飛び立ってしまったらしい。私にとってもジーニャにとっても決定的なショックだろうから、コメントするのは難しい。スポーツの世界では、自分だけでなく、相手に対する責任も常にあるがそのように育てられてきたわけではありません。私には理解できない行為ですが、ダーニャは自分の意思でやったことなのです。

私たちは、ジェーニャがプロジェクトに参加し続けられるよう、あらゆる手を尽くしています。なぜなら、彼女は仕事をしたい、プロジェクトに参加したいと思っているからです。もちろん、これは非常に不愉快なエピソードである。ダーニャは私にとってはやはり才能のある人ですが、もちろんそのような行為では人としてのダーニャは描けません。新しいパートナー探しの課題に取り組んでいます。今後、ジェーニャがどのような立場でプロジェクトに参加し続けるかは、現在決定しているところです。新しいパートナーを探している。」

Авербух рассказал, как Милохин ушёл из «Ледникового периода»
Серебряный призер Олимпийских игр в танцах на льду, хореограф и продюсер телепроекта «Ледниковый период» Илья Авербух рассказал, как блогер Даня Милохин ушёл из...

コメント

タイトルとURLをコピーしました