エテリ・トゥトベリゼ:金欠によりスポーツから去り、テロを生き抜いた。世界最高のコーチの外見の変貌

エテリ・ゲオルギエヴナ・トゥトベリゼは1974年2月24日にモスクワで生まれた。

4、5才からフィギュアスケートを習い始め、シングル選手のキャリアを夢見た。

しかし脊柱の怪我の後アイスダンスへ移る。イリヤ・アヴェルブフと組んで滑ろうと試み、国内試合に出場したが、にも関わらず資金難によりキャリアを終え、「Russian Ballet on Ice」と契約を結んだ。

Этери Тутберидзе, Российский балет на льду Mixed

しばらくしてトゥトベリゼは団員としてアメリカをめぐる出張公演に出かける。

1995年4月、団はオクラホマに滞在し、YMCAの施設の1つのホームレス達のフロアに住まわせられた。床で就寝し、食事を求めて現地の教会の奉仕へ行った。正にその施設の反対側にアルフレッド・マラー連邦ビルがあった。

1995年4月19日、その建物は瓦礫となった。

「その日の朝洗顔しに下に降り、時間を見たら9時4分だった。爆発。恐ろしい轟音。爆風から押し寄せる深刻さ。棺桶のような静けさ。

そして人間のものとは思えない叫び声。

通りがどうなっていたかは知らない。1人。時間をかけて抜け出し、壁が破壊されたのが見えた。

全員運び出された。

2度目の爆発に悲鳴が上がった。人々は走り、私はそのまま立っていた。私は途方に暮れた。

サンダルを履いてタオルと歯ブラシを手にして。消防士か誰かが駆け寄ってきて、手を掴み、私を引きずりはじめた。

半日、うわごとを言うように、彼が建物の倒壊を点検している間彼について歩いた。

アメリカ人達は私たちのバレエ団の全ロシア人を家族単位に分けた。

パートナーのニコライ・アプターと共にその消防士の元に身を寄せた。テロ行為の被害者として皆1200ドルを支払われた。

壊れた車を買い、消防士が直すのを手伝ってくれて、シンシナティへ行った。」とトゥトベリゼは懐古した。

リハビリ後エテリはパークショーの公演を続け、その後コーチ業へと移った。90年代の終わりにはロシアへ戻る決断をした。

モスクワでトゥトベリゼはロシア国立体育アカデミーへ入り、モスクワ郊外のゼレノグラードのリンク「シルバー」で教えた。

2008年にはエテリ・ゲオルギエヴナはのち2013年にサンボ70スポーツ教育センターの「クリスタル」へと変わるモスクワのSDUSSHOR37で働き始めた。

2013年からエテリ・ゲオルギエヴナはクリスタル部門のシニアトレーナーとなった。

彼女のグループへは長年順番待ちができている。

エテリ・トゥトベリゼの業績:

祖国貢献勲章第4級(2014年)

ロシア功労コーチ(2014年)

ロシア名誉勲章(2018年)

Этери Тутберидзе: ушла из спорта из-за безденежья, пережила теракт. Как менялась внешность лучшего тренера мира - 6 января 2022 - Sport24
Редкие кадры.

コメント

タイトルとURLをコピーしました