ダニエル・グラスルのインタビューまとめ

Ученик Тутберидзе Грассль: «Тренеры были расстроены из-за моих оценок на ЧМ, но мы не можем ничего с этим сделать» - 26 марта 2023 - Sport24
Самые свежие новости российского и мирового спорта только на сайте Sport24.ru! Интервью со спортсменами, онлайн трансляции, аналитика и прогнозы, фото и видео. ...

トゥトベリゼの教え子グラスル「W杯の成績にコーチががっかりしていたが、それはどうしようもない」

エテリ・トゥトベリーゼのチームで練習しているイタリアのフィギュアスケーター、ダニエル・グラスルが、2023年世界選手権埼玉大会のフリースケーティングプログラムでの演技に対するコーチ陣の反応について語った。フリーでは14位となり、最終結果では12位となった。

演技後、コーチはどのように言っていましたか?

私が競技をしているのを見て、喜んでくれました。もちろん、これからの課題は、僕の上達と、例えばルッツのように、やる必要があることへの集中です。彼らも点数には少しがっかりしていましたが、どうすることもできないので、もっと頑張るしかありません。次回は、ジャッジが疑問を抱かないような演技をしなければなりません。これからも頑張ります。エテリコーチのところに入ってまだ2ヶ月ですが、状況は良くなってきていて、とても嬉しく思っています。

審査員から、あなたのジャンプは回転不足が多いと指摘されました。これには同意できますか?自分でジャンプが回転不足であると感じますか?

はい、感じます。ジャッジはというと、4回転ルッツを着氷して、1/4回転不足という指摘を受け、何人かのジャッジはそのジャンプに-2や-3と評価を付けました。それが点数を下げる要因のひとつになりました。着氷が成功した1つ目のアクセルで回転不足がつき、きれいにできなかった2つ目のアクセルでは回転不足がつきませんでした。でも、そのことはあまり考えず、自分の滑りと世界選手権を楽しむことだけを考えました。点数や順位はどうでもよくて、ただ自信を持ちたかったんです。今シーズンは、それを少し失ってしまった。また、フリーで再び4回転を2度やりました。最後に同じことをやったのは、スケートアメリカの時です。それから結構時間が経っていました。来シーズンは、3本かそれ以上にしたいですね。

Грассль рассказал об отличиях тренировок Тутберидзе от занятий в США и Италии: «Совершенно другая система» - 26 марта 2023 - Sport24
Самые свежие новости российского и мирового спорта только на сайте Sport24.ru! Интервью со спортсменами, онлайн трансляции, аналитика и прогнозы, фото и видео. ...

トゥトベリーゼのトレーニングとアメリカやイタリアのトレーニングの違いを語るグラスル「まったく異なるシステム」

2022年欧州選手権男子フィギュアスケート銀メダリストのダニエル・グラスルは、エテリ・トゥトベリーゼのグループでのトレーニングと、イタリアやアメリカでのトレーニングの違いについて語った。このイタリアのスケーターは、今年1月にロシアの名誉あるコーチの元に移籍した。直近の世界選手権(埼玉2023年)では12位に入賞した。

モスクワでのトレーニングは、以前あなたがやっていたのと大きく違いますか?

もちろん、まったく違うシステムです。まだ友達も少ないので、そこでのトレーニングは心理的にもとても難しいです。システムは違いますが、それがとても役に立っています。トレーニングは毎回、まるで大会のような感じがします。とても緊張しますが、それは自分にとって良いことです。大会では緊張しすぎて、トレーニングではしないようなミスをしてしまうんです。6分間ウォーミングアップをしてから、実際の大会のシミュレーションのように、1つずつプログラムを披露することもよくあります。持久力を高めるために、プログラムや作品全体をたくさん滑ります。

イタリアとアメリカでは違いましたか?

トレーニングでプログラムを滑ることはありましたが、回数はそれほど多くありませんでした。イタリアでは40~50分のトレーニングでしたが、ロシアでは1時間30分でした。慣れるまでは少し難しかったですが、大丈夫です、もう良くなってきています」と、Sport-Expressはグラスルの言葉を引用している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました