体操オリンピックチャンピオンのナゴルニーがワリエワが困難なステージを克服することを祈った

TOKYO, JAPAN – JULY 28, 2021: Bronze medallist Nikita Nagorny of the ROC Team poses at a victory ceremony for the men’s artistic gymnastics individual all-around final at the Tokyo 2020 Summer Olympic Games, at the Ariake Gymnastics Centre. Sergei Bobylev/TASS
ßïîíèÿ. Òîêèî. Îëèìïèàäà-2020. Öåíòð ãèìíàñòèêè “Àðèàêý”. Ñïîðòèâíàÿ ãèìíàñòèêà. Èíäèâèäóàëüíîå ìíîãîáîðüå. Ìóæ÷èíû. Íèêèòà Íàãîðíûé (ÎÊÐ) – áðîíçîâàÿ ìåäàëü, íà öåðåìîíèè íàãðàæäåíèÿ. Ñåðãåé Áîáûëåâ/ÒÀÑÑ

木曜日、彼女は北京オリンピックの女子シングルで4位となった

https://tass.ru/sport/13747981

ロシアのフィギュアスケート選手カミラ・ワリエワは、北京五輪で始まった困難なステージを克服する必要がある。体操のオリンピックチャンピオンであるニキータ・ナゴルニーがそのような意見をTASSに語った。

ワリエワはショートプログラム後トップに立ったが、223.09点で総合で4位となった。競技はロシア女子アンナ・シェルバコワが優勝(255.95点)、ロシア女子アレクサンドラ・トゥルソワが銀メダルを獲得し(251.73点)、日本女子坂本花織が銅メダルを獲得した(233.13)。

「私はアーニャ・シェルバコワのことが嬉しく、サーシャ・トゥルソワのことも嬉しい、だが私達はカミラに自分のパフォーマンスを終えて欲しかった、そしてそこで何位が取れたであろうかは重要ではない。私は歴史的出来事が起きることを、全世界が表彰台に立つ私達の女子3人を見ることを、強く望んでいたが、でもそうはならなかった。カミラに起こった事については、これは本当に厳しく、とても困難で、そのようなことを大人でも全員が耐えられるわけではない。東京でも似たようなことが私にあったが、でもドーピングスキャンダルに伴うようなネガティブな観点ではなく、支援の観点からにより近かった。」

「全国があなたを前へと駆り立て応援する時、全ロシア中にあなたの姿のはいった横断幕を掲げる時、これを心に留めずにはいられない。あなたがどんな人物だろうと、これはとても強く気を滅入らせる。そして加えてカミラが審理の場に出ねばならないというネガティブな状況時、誰がどれほど望んでも、彼女をそこから救うのは困難だった。この重圧は、出場し勝利できるという奇跡を祈ることしかできないと言うことを示した。彼女の最初の転倒の後、私は彼女が進み最後までやり切るのを待ったが、でも最初のミスの後感情のトラブルが起きた。」

ナゴルニーは同様にトゥルソワとシェルバコワの演技にも注意を向けた。「トゥルソワは(1つのプログラムに5つの4回転という)記録を打ち立てた、皆それほどのジャンプを跳べない。これは一種独特な勝利でもある、2位ですらこのような記録を伴うとは、まるで1位のようだ。アーニャ・シェルバコワのこともとても嬉しい、安定性は勝利の保証だと証明した。素晴らしい気持ち、表彰台をロシア代表で独占できなかったのはがっかりしたが、でも勝つことができて嬉しい。カミラがこのステージを克服しその先に進むことを願いたい。彼女はオリンピックチャンピオンだ。」

2月7日、ワリエワ、マルク・コンドラチュク、アナスタシヤ・ミーシナ&アレクサンドル・ガリャモフ、ヴィクトリヤ・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフがメンバーとして出場したフィギュアスケートロシア代表は北京五輪団体戦で金メダルを勝ち取った。国際検査機関(ITA)は2月11日に団体戦表彰式は12月25日に採取されたワリエワの陽性のドーピング検査結果により延期すると明かした。月曜日、スポーツ仲裁裁判所は、ロシアアンチドーピング機構によるワリエワの暫定出場停止を解除する決定に対する国際オリンピック委員会、世界アンチドーピング機関、国際スケート連盟の申し立てを却下した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました