北京オリンピック2022アイスダンスチャンピオンのガブリエラ・パパダキスは、欠場した世界選手権2021の間に中絶をしていた

Олимпийская чемпионка Пекина-2022 в танцах на льду Габриэла Пападакис сделала аборт во время ЧМ-2021, который их дуэт пропускал
Олимпийская чемпионка Пекина-2022 в танцах на льду Габриэла Пападакис призналась, что сделала аборт во время чемпионата мира-2021.

記事が参照している動画はこちら

Огненная пара / Le couple de feu (Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON) — 動画 | VK
オンラインでОгненная пара / Le couple de feu (Gabriella.. 1 時間 27 分を視聴してください。無料のフ コンタクテ動画カタログに登録せずに、2022 9月 3からの高品質の動画を視聴してください! 2545 — 人が視聴しました。 89 — 人が評価しました.

北京オリンピック2022アイスダンスチャンピオンのガブリエラ・パパダキスが、世界選手権2021の期間に中絶をしていたことを告白した。

ギヨーム・シゼロンと組んで出場しているパパダキスは同選手権及び2020−21シーズンを欠場していた。

これについて同選手は2021年に撮影が行われた『Le couple de feu』内で語った。

パパダキス:

私はそれが原因で調子が悪かった。私はずっと『もしギヨームとコーチ達が私が調子を整えていくことができないと知ったら、彼らは激昂するだろう』と思っていた。完全に調子が悪くなり練習を休んだ時、私が自分の問題を解決するために彼らは私に時間を与えた。

そして彼らは『聞いて、もし君がオリンピックでの勝利へ向かって調子を整えていくのであれば、意識を取り戻さねばならない。でなければ全てが終わる』と言った。これは怒りから発せられた言葉ではなかったが、でも私を窮地に追い込んだ。その時私は『回復する』ことを決心した。ある程度これは機能した。私が再び元の状態に陥っている事にもし彼らが気づいたら、これは彼らを遠ざけただろう、なぜなら私は自分自身を落ち着けると約束したから。

これはサポートの欠如の問題ではなく、より正しく言えば理解の不足の問題。私が練習できないと言った時、人々は『できないんじゃなくて、やりたくないんでしょう』と言った。違う、私は本当にできなかった。ここでは願望は無関係だ。私が我慢したことを理解できるのは、似た様な経験を味わった人だけだ。

全ては1年前に始まった。これは私が世界選手権中に中絶した時と重なる。その後は全てが下り坂だったといえる。私は中絶したことを明かした。見舞いも受けたが、なにも問題ない様だった。リンクへの復帰に際しては『これについて事細かに話しても意味はない。』と言われた。何か深い孤立の様なものが生まれた。

役割を演じる事に疲れた時に感じる憎悪が私を襲ったのはその時だったと思っている。自分自身にうんざりする時。非難の目を恐れ隠す事に既に疲れている時。妊娠した時、つまり自分を責めた時。私はアスリートだ、なので妊娠する資格はない。今は私にとってこれは馬鹿げている様に見える。でも事実は事実のまま。私はまさにそう思っていたのだ。

私はギョームとコーチに告白するのに2週間待った。選択の余地はなかったから話した。『自身の問題と決着をつけなさい』これが答えだった。スポーツ界ではこれまでメンタル面での健康に関する問題は軽視されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました