不器用な子供から伝説の男へ。プルシェンコがスターダムにのし上がるまでの物語

エフゲニー・プルシェンコは40歳。この達成感を味わいつつ、「月日の経つのは早いものだなあ」としみじみ思うのです。ついこの間、ユビリーヌの練習場で、アレクセイ・ミーシンが体格の悪い少年を指差して言ったようだ。「この名前を忘れるなジェーニャ・プルシェンコ。この先もずっと彼に関する話題が続くだろう。」

タラソワがミーシンとオリンピック対決を制す

ヴォルゴグラードからサンクトペテルブルクに移ったばかりの若いフィギュアスケーターは、ミハイル・マコヴェイエフのもとでスタートを切っていた。1990年代、地方都市のリンクはフリーマーケットや中国製消費財の倉庫に取って代わられた、悪い時代だったのだ。フィギュアスケートは、モスクワとサンクトペテルブルグ以外では、まったく存在感がなかった。マコヴェイエフ自身も、プルシェンコやマキシム・マリーニンという優秀な生徒をサンクトペテルブルクに送り込んだ。

15歳の時、プルシェンコはヨーロッパ選手権にデビューした。1998年のオリンピックに出場した3人のうち、ミラノに行き、ヨーロッパの金メダルを獲得したのはアレクセイ・ヤグディンだけだった。イリヤ・クーリックとアレクセイ・ウルマーノフに代わって、若いプルシェンコとアレクサンダー・アプトが先輩の表彰台を守り続けたのである。私は、閑散としたミラノのスポーツ宮殿でプルシェンコが滑ったことよりも、スタンドで行われた旧ソ連とヨーロッパのスケーターたちによる即興のサッカー試合の方をよく覚えている。チームのリーダーはイスラエル代表のオデッサ出身のミハイル・シュメルキンだったが、15歳のプルシェンコはなんと情熱的なのことか。

一般に信じられていることとは異なり、当時、アレクセイ・ヤグディンとは不倶戴天の敵対関係にあったわけではない。競技が終わった後、あまりの颯爽とした姿に、ミーシンは教育的措置をとらざるを得なくなった。長野の後、教授は、より若く、より扱いやすいエフゲニーに賭けることにした。1998年の世界選手権(ミネアポリス)では、プルシェンコは自信満々でデビューし、銅メダルを獲得した。ヤグディンがチャンピオンになったが、忘れてはならないのは、エフゲニーはアレクセイより2歳半も年下だということだ。

長野からソルトレイクシティまでの4年間は、ミーシンの2人の弟子の間でライバル関係が生まれた。前コーチのヤグディンに冷たさを感じてタチアナ・タラソワのもとに去った者と、恩師のプルシュチェンコに忠実であり続けた者である。偉大なコーチと偉大なスケーターのコラボレーションは、最初の失敗でチャンピオンとなったグループから選手が離れるという、現代では珍しい現象である。おそらく、同じような話をしたのは、ジャンナ・グロモワとイリーナ・スルツカヤだけだろう。

「オリンピックチャンピオンのコーチをさせてくれたウルマノフ、トップコーチとしての評価を長年確保してくれたジェーニャ・プルシェンコには、限りなく感謝している」と、ミーシンはかつて率直に語っている。

プルシェンコとヤグディンのライバル関係は、4年間、世界男子フィギュアスケートの原動力であった。混迷を極めている。2000年の世界選手権(ウィーン)で主戦場を見事に破ったプルシェンコは、その2カ月後の世界選手権(ニース)で、鼻面を強打され、メダルから完全に脱落してしまったのだ。オリンピック前のシーズン、プルシェンコはできる限りの勝利を収め、ソルトレークシティーの優勝候補と目されていた。私は勝手に、タラソワがミーシンとオリンピックの決闘で勝ったと言っている。

プルシェンコだけでなく、経験豊富なコーチも、すべての大会でエフゲニーにかかる情報攻撃とプレッシャーに対応できていないことが証明された。緊張した教授は、シーズンの途中で、映画「ムーラン・ルージュ」の音楽に合わせて、美しいフリーの演技「芸術家の生活」を、王者の「カルメン」と思われるものに変更することにしたのである。ヨーロッパ選手権を犠牲にしてまで、ソルトレイクシティでは、ショートプログラムの4回転ジャンプで転倒するという、長年起きなかったことが起きたのだ。そして、ヤグディンの「仮面の男」は、プルシュチェンコが全く驚かなかった「カルメン」よりもフリー演技で高い評価を得た。

ルドコフスカヤは、大きなスポーツへの復帰を鼓舞した

ヤグディンだけでなく、プルシェンコ対しても仕事をした黒魔術師ルドルフ・ザガイノフ、タラソワのジャンプと体力を担当したレオニード・ライツィンのフィリグリーワーク、ニコライ・モロゾフの輝かしいパフォーマンス、未来のソルトレイクシティの勝利を宣伝したIMGスポーツマーケティング会社の努力などが考えられますが、スポーツにおいて最も重要なのは結果なのです。ヤグディンは2002年のオリンピックチャンピオン、プルシェンコは銀メダリストとなった。そして、その妥協なき戦いは、男子フィギュアスケートを新たな次元に押し上げたのである。プルシェンコが演じた「4-3-3」コンビネーションは、現在でも彼等のプログラムには含まれていない。

ソルトレークシティーを最後に、ヤグディンは現役を退くことになった。2人の卓越したスケーターによる妥協のない決闘の続きが見られなかったのは残念です。結局、2002年のオリンピック以降の2シーズンは、プルシェンコとミーシンのクリエイティブな高みであったと私は思う。サンクトペテルブルク300(確かに、原曲によって「山賊サンクトペテルブルク」と呼ばれることが多い)、「ヴァーツラフ・ニジンスキーに捧ぐ」という2つのプログラムは、いつの時代も名作として語り継がれている。

プルシェンコは、最も困難な技術的要素に、華麗な振付とオリジナルな編曲を組み合わせることが可能であることを証明した。ハンガリーのバイオリニスト、エドウィン・マートンは、プログラムを演奏させるための正確なアクセントを見つけることに成功した。特にガラ公演では、マートンがヴァイオリンを持って氷上に登場し、華やかさを演出した。

オリンピック後のシーズンは、プルシェンコが無条件で外国人選手を圧倒していたことが特徴的だった。ロシアでは、彼は近くにいなかった。2004年のヨーロッパ選手権(ブダペスト)で、フランスのブライアン・ジュベールは、無敵のロシア人チャンピオンを倒したとは思えないほどのセンセーションを巻き起こした。

2004年の世界選手権(ドルトムント)で、プルシェンコが怪我をしたことを全世界に訴えるのではなく、フランス人選手に圧倒的なリベンジを果たしたことは、大いに評価されるべきことだろう。翌シーズンは、怪我が仇となった。プルシェンコは、スケートというより、氷上で拷問を受け、モスクワでの世界選手権で競技から棄権するに至った。そして、トリノでオリンピックが開催されることになった。

ミーシンは生け垣を持っていた。彼の弟子は、マートンの編曲による「ゴッドファーザー」でオリンピックに臨んだが、それはやはり、それまでの輝かしいプログラムの繰り返しとまではいかないまでも、パラフレーズであった。オリンピックチャンピオンという肩書きだけが、すべてを凌駕していた。2度のオリンピック、可能な限りのタイトルを獲得し、国民から愛され、長年にわたって彼女たちの成功が約束されたのである。当然、エフゲニーは自分の勝利を収益化するようになり、ショーへの出演オファーもたくさんあった。ただ、近年のチャンピオンとは異なり、プルシェンコは復帰を約束しただけでなく、実際に次のオリンピックで復帰したのである。

2008年のユーロビジョンに参加し、マートン、ディマ・ビランとともに再びロシアに勝利をもたらしました。エフゲニー自身は、後に妻となるヤナ・ルドコフスカヤの影響で大スポーツに復帰することになったと語っている。しかし、その復帰は凱旋とはいかなかった。バンクーバーでプルシェンコはアメリカのエヴァン・ライサチェクに敗れました。トリノ五輪のチャンピオンが世界選手権やヨーロッパ選手権で不在の間、潜在的なライバルたちは、新しいジャッジシステムのすべてのニュアンスを上手に使いこなすことを学んできた。

ライサチェクは4回転を跳んだことがなかったが、難しい技をすべて入れ、研ぎ澄まされたトリプルアクセルをプログラムの後半に入れ、ボーナスポイントを獲得していた。しかし、どうせならプルシェンコが勝てばよかったのだ。もし、「3-2-2」のコンビネーションを行っていれば、十分に勝算があったのだろう。ただ、エフゲニーだけは、3回目のジャンプを跳ぶ力がなかった。それにもかかわらず、人々はこの敗戦を「敵の策略」だと言いたげだった。

IOC会長のジャック・ロゲ氏、ISU会長のオッタビオ・チンクアンタ氏との会談で、バンクーバーの銀メダリストは、4回転ジャンプはもっと高く評価されるべきだという問題を提起したのだ。これを実現した。ソルトレイクシティでのペア競技の不祥事と同様、2個目の金メダルを授与するかどうかという問題は提起されなかったが。このオリンピックの敗北で、プルシェンコは本当に傷ついた。しかし、怪我に悩まされ、波乱の社交界に突入したフィギュアスケーターが再び戻ってくると信じていた人はほとんどいなかった。

2012年の欧州選手権(シェフィールド)で復帰したが、当初は全く入れてもらえなかった。プルシェンコは、大会を欠場したため必要な国際ランキングを持っておらず、最初のウォームアップの1つであるショートプログラムでスタートすることになったのだ。優勝したのは、プルシュチェンコの後継者と呼ばれたアルトゥール・ガチンスキーだった。フリープログラムでは、エフゲニー自身が出場している時点で、後継者が表彰台のトップを目指すのは時期尚早であることを示した。

オリンピックでは、チャンをうならせた

プルシェンコは、オリンピック前のシーズンを欠場し、本当の意味でのドラマが生まれた。2013年の世界選手権が終わった時点で、ロシアはソチ大会の男子出場枠を1つしか残していなかった。そして、2013年12月にオリンピック・アイスバーグで開催されたロシア選手権では、それをめぐる実戦もあった。プルシェンコは、その準備ができていないことを証明した。

審査員の同情もあって、ショートプログラム後の5点のリードは、優勝には十分ではなかった。エフゲニーはフリープログラムでミスをしすぎたのだ。マキシム・コフトゥンが優勝し、ソチのロシア代表は誰かという大論争が巻き起こった。オリンピックのプログラムでは、初めて団体競技が行われた。ルールでは、あるスケーターがこの大会に出場し、別のスケーターが個人種目で出場することは不可能だとされていた。

プルシェンコ自身が、この議論に終止符を打ったのだ。2014年初頭のインタビューでは、「オリンピックに参加する」と宣言していました。オリンピックの傍らで、この決定はFFKKRの首脳部ですらなく、もっと上のレベルでなされたと聞いたことがある。コフトゥンに同情するのは勝手だが、プルシェンコの団体戦優勝への貢献度について、オリンピック2連覇のマキシム・コフトゥンのコメントが最も優れていた。

「他のスケーターがロシアチームに何点貢献したかは分からないが、プルシェンコは19点貢献した」

もちろん、ロシアチームは4種目とも弱点のない非常に強力な布陣だったが、カナダチームは本当に恐ろしかった。そしてプルシェンコは、メイプルリーフカントリーで期待を集めていたパトリック・チャンを、たった一度の氷上でのプレーでうならせたのである。フリースケーティングでは、すでにすべてを理解しているカナダ勢が、もう一人、ケビン・レイノルズを出場させた。

プルシュチェンコがソチの個人戦を辞退したことについて、彼を非難する人たちがどれだけ頑張ろうとも、彼はオリンピック2連覇を達成したのである。4回のオリンピック出場は、現代では異例のことである。ソチで、27歳のチェコ人フィギュアスケート選手、トマーシュ・ヴェルネルに、平昌の前に出場する予定はあるかと聞いたことがある。

「私はプルシェンコじゃない!」 – トマーシュは笑顔で答えた。

ソチの後、プルシェンコは「あと数年で氷上に戻る」とライバルを脅したが、誰もそれを本気で信じなくなった。結局、彼の努力によって、ウルトラ級の要素の価値が格段に上がり、羽生結弦の世代はそれを見事にマスターしたのである。興味深いのは、平昌の後、当時すでにオリンピック2連覇中の日本のフィギュアスケート選手が、プルシェンコの遺産に目をつけ、自分バージョンの「ニジンスキーに捧ぐ」を世界に発表したことである。

ヘルシンキで開催されたワールドカップで、日本のテレビ関係者から2つの番組を比較するように言われた。技術的な内容では日本版の方が優れているが、正直言ってオリジナルの方がずっと好きだと言った。羽生選手自身は、ロシアのスケーターに敬意を表したという。

オリンピックに2度出場した同氏は、コーチ兼アンジェラ・プルシェンコ・アカデミー共同経営者として40歳の誕生日を迎えました。そして、本人も認めているように、多忙な日常生活よりも、若いフィギュアスケーターたちとの仕事の方がずっと楽しいのだそうだ。当初、多くの人はエフゲニー自身が氷上の弟子たちと関わり、何年もこれに専念しようとしていることを信じませんでしたが。

От нескладного паренька до легенды. История становления Плющенко
Евгению Плющенко – 40. Отмечая этот свершившийся факт, ловишь себя на банальной мысли: как быстро летит время! Кажется, совсем недавно на тренировочном катке......

コメント

タイトルとURLをコピーしました