アメリカでロシアのフィギュアスケーターの五輪での主な競争相手が名指しされた。彼女はザギトワに勝ち、メドヴェージェワと交流がある。3Aも跳ぶ。

先日アメリカのジャーナリスト、デヴィッド・リーズがトゥトベリゼグループの席巻と五輪における主なライバルについて熟考しながらこのように話した。

「大抵はロシア女子が誰よりも遥に上だが、でも状況は変わりつつある。日本女子がいる特に樋口新葉。不安定さはあるものの新葉はロシア女子と戦う能力があり、今彼女にはチャンスがある。昨年はこのチャンスはなかった。」

このデヴィッドの言葉は、新葉が素晴らしいトリプルアクセルを決め観客を歓喜に導いたジャパンオープンの数日後に述べられた。

他に何で知られているのか?彼女のヒストリーはSport24で。

***

新葉は3歳でフィギュアスケートを始めたが、ジャンプよりもスケーティングにより一層取り組んでいた。さまざまなコーチのもとで練習し、樋口は毎年スケーティング技術を成長させ、スピードに多大な注意を払っており、ジャンプに割く時間はほぼ残さなかった。

最初の本格歴な勝利は2014−15シーズンに新葉へ訪れ、その年はジュニアで全日本選手権で優勝しグランプリファイナルと世界選手権で銅を獲得した。そのシーズン途上で樋口はメドヴェージェワと親しく付き合うようになり、その後2人は絶えずやりとりし互いに贈り物をするようになった。

翌年、樋口は自身のキャリア上初めて全日本で2位となったが、シニアに出だしてまだ1年のことだった。ロンバルディア・トロフィーでの勝利からシーズンが幕を開け、新葉は失速した。グランプリファイナルを逃し、四大陸選手権と世界選手権で振るわなかった。これにもかかわらず、樋口はチーム対抗戦にエントリーされ、自身の記録を全て塗り替えチームの金獲得を助けた。

得られた自信は五輪シーズンを生き生きと始める助けとなった。グランプリシリーズで表彰台に乗り、自身初のグランプリファイナル出場。しかし全日本では新葉は無念の4位となり、平昌行きの切符を手にすることはできなかった。

「五輪に行けなかったことから生じた感情は、決して消えることがない。テレビで観戦しなかった、誰の演技も見なかった」と後に彼女は打ち明けた。

指導部の決定で新葉は五輪後のミラノ世界選手権に出場する機会を得た。SP後樋口は8位だったが、素晴らしいFSの演技でザギトワやコストナー、その他の才能ある選手を抜いて銀メダルを獲得した。

Wakaba Higuchi Skyfall 2018 WC B.ESP

五輪後のシーズンオフ中、新葉はアレクセイ・ミーシンの元へ研修にいったが、トップ層にとどまることはできず、期限より前に2018−19シーズンを終えた。彼女が再び自分のスケートを見つけたかのように見え、メダルなしの2年の後に再び全日本で2位になった時、コロナウイルスが干渉し樋口から世界選手権を奪った。コロナシーズンもまたうまくいかず、国内限定のグランプリシリーズで銀に続いて全日本で7位となった。

「私の強み?諦めが悪いところですかね」と新葉は2017−18シーズン後に語った。そして今シーズンがどの様になっても4年越しに五輪に選出されるために彼女はできること全てをする。

В Америке назвали главную соперницу русских фигуристок на Олимпиаде. Она побеждала Загитову и общается с Медведевой - 18 октября 2021 - Sport24
Прыгает тройной аксель.

コメント

タイトルとURLをコピーしました