ニキータ・カツァラポフは団体戦の各種目でメダルの導入を提案した

ロシア代表選手が団体戦金メダル獲得後に語ったこと。

2022年オリンピック
フィギュアスケート団体戦
総合結果
  1. ロシア — 74
  2. アメリカ— 65
  3. 日本— 63
  4. カナダ— 53
  5. 中国— 50

私達の気分は明らかに高揚したが、疲れるものでもあった。にも関わらず今日彼らはいくつかのとても美しい名文が生まれた。Sport Expressは最も明るく哲学的なものを集めた。

カミラ・ワリエワ

オリンピックの夢について

「初めてオリンピックを見たのは2014年、ユリヤ・リプニツカヤが出た時だった。彼女のFSはとても記憶に残っている。2018年は私達の女子選手、アリーナとジェーニャをとても応援していた。これはそのような子供時代の夢。3歳の頃から私は母にオリンピックで優勝したいと話してきた。そしてその夢が叶った。もう1つ夢を叶えるために取り組みたい」

アメリカとの戦いについて

「私は直接見ていない。最後に滑るのを忘れていて、アメリカに差をつけられていると認識していた。なのでトップな事を知らなかった。」

オリンピック初の4回転成功についての感情と「世界の中心」での滞在について

「今日4回転2本とトリプルアクセルが成功して幸せ。シニア最初のシーズンなのに多くの人が自分のことを語っているのはとてつもない感覚、とてもよい。責任があるので、よく遂行できたらと。ちょっとしたプレッシャーを感じていて…(ここでカツァラポフ「やれ、言ったれ!」)これは時々助けにもなる。」

アナスタシヤ・ミーシナ&アレクサンドル・ガリャモフ

転倒について

「私達はこのような急な出来事に準備ができていなかった。何が起きたのか?練習が6時からだった。朝4時に起きた、こんなに早く起きたことはない。サンクトペテルブルグではまだ夜。何か不可解なこと(が起きた)。でもオリンピックでは全てに準備できていなければならない」

怪我についてガリャモフ

「きっと数日のうちに治る。影響はない、どんな状態でも個人戦に出場する備えはできている。」

転倒の時の考えについてミーシナ

「転倒の時最初に浮かんだこと?落ちる!」

交替の必要性について

「それは私たちが決めることではない。私達の仕事はでてチームに結果をもたらすこと。滑る様言われたら私達は滑る。勿論、もしかしたら異なる事になるかもと思った。交代は2組、片方か、どちらもないか。私達の意見を聞かれたか?いいえ。考え?連盟は練習を見て、皆私達の準備を目にしている。ここでは誰もが準備で来ているけれども。」

ボルシュノフがフィギュアの前に最初の金メダルを獲得したことによる彼へ向けられうる侮辱について

「あらゆる金メダルは素晴らしい。彼は金メダルを得た美男子で、私達は彼を祝うだけだ。誰が最初の金を取るかは重要じゃない、重要なのは金メダルがあることだ。」

スイ&ハンがFS前に交替になったことについて

「すぐに会いましょう。まだ夜じゃない。待ってリベンジに備える」

対戦表における露代表の優位性について

「既に、ワリエワはそのまま出ていってお辞儀すれば良いと冗談を言った」

ニキータ・カツァラポフ(ヴィクトリヤ・シニツィナは足の腫れで記者会見へこず)

アメリカ組に負けたことについて

「この点は悔しい。大丈夫、私達は全て直す。重要なのは、滑ってどこを進化させられるか知ること。アメリカ組に負けたことによる不安はない。両方のペアに勝った。私達は自信がある、回復する必要がある、そして全ては素晴らしくなる」

交替の必要性について

「まだ私たちがオリンピックに行くのかどうか知らなかった時、自分のために目標を立てた。もし私たちが団体戦に選ばれたら、私達は両プログラムとも滑る準備をしようと。以前からその心づもりでいた。」

入場者数について

「観客席にもっと観客がいて欲しかった。観客のパワーのもと、まさに周りきってリフトの原点を受け取らずに済んだだろうに」

困難なスケジュールについて

「朝4時に目覚めて、練習している間私の脳みそはまだベッドに横たわっていた」

ソチの団体金と北京の団体金の比較について

「2014ソチ五輪は私にとって脳内のある種の聖堂。私の人生であれほど大きいものは多分ないだろう。2つのオリンピックを比べることはできない。これは2つの異なる生活。少なくともパンデミックはなかった」

初日の衝突した後のハベル&ダナヒュー組との会話について

「ウォーミングアップで、勿論、また場所が皆足りてなかった。私たちに加えて皆ぶつかっていた。2人とは私達は穏やかに会いいつも通り交流した、以前のように。どんな敵意もない。ただ皆それぞれの仕事への取り組み方がある。」

ロシアオリンピック委員会代表の立場

「国旗なしで出場するのは初めてのことではない、五輪も含めて。私達の旗は、全アスリートが話すように、心の中にある。私達もまた深い愛国者だ。私達の祖国をとても尊重している」

フィギュアスケートにおけるメダルの数の増加について

「声が大きくなるかもしれないが、私だったら団体戦の各種目でメダルを導入する、SPでもFSでも。体操のように。日本の国別対抗戦のおかげでこの団体戦は人気が出て、代表の全メンバーが全エネルギーを伝える時、団体戦はある種の特別なチーム精神を作り出す。これはフィギュアスケートに良い方に作用している。」

ヤグディンとロドニナの、団体戦は個人戦と比較してはならず、団体戦は個人戦のメダルの価値の差異をなくすという発言について

「傑出した人物やアスリートに反論するのは困難だが、でもフィギュアスケートは流動的。これは個人のメダルの差異をなくすことはなく、今選手らはここに座って個人戦で素晴らしい滑りをするためにそこへ心を向けている。」

ハベル&ダナヒュー組

ロシアの勝利について

「アメリカは常に強い、ここへは強いアスリートのグループがやってきた。でもロシア選手らが勝利を飾った、彼らは素晴らしいパフォーマンスをした。」

退謌繧
恍 竡碆韆謌 韲髑蓍驫蒹 髀鉋鴆跂逶 闔驪 艢碆繧琿

コメント

タイトルとURLをコピーしました