日本女子が深刻にロシア女子の表彰台独占を脅かす。技術点で彼女はシェルバコワとトゥルソワを打ち負かした

日本のフィギュアスケート選手坂本花織は北京五輪2022のショートプログラムを終えて3位になった

ハ瑁

坂本花織が北京でメダルに狙いを定めた。

オリンピック2022 フィギュアスケート
女子シングル ショートプログラム

1. カミラ・ワリエワ (ロシア) — 82,16
2. アンナ・シェルバコワ(ロシア) — 80,20
3. 坂本花織(日本) — 79,84
4. アレクサンドラ・トゥルソワ (ロシア) — 74,60

オリンピックの女子シングルにおける重要な問いの1つは、本当のところ、誰がチャンピオンになるかに加えて、1年前の世界選手権のようにロシア女子代表3人全員が表彰台に乗れるかどうかだ。まだ2−3週間前はこれに対するポジティブな回答は疑いを引き起こさなかった。今状況はいささか難しくなった様にみえるが、競争ははたから見るとまず第一に坂本花織がとても手強い相手になる。

坂本は技術点でシェルバコワを打ち負かした

日本女子。これは最近のタリンの欧州選手権のルーナ・ヘンドリックスの件とは違う。当時ベルギー女子は、アレクサンドラ・トゥルソワとアンナ・シェルバコワを追い越してショートプログラム後カミラ・ワリエワについで2位になったが、フリーで彼女はロシア女子を打ち負かすことはできない。そういうコンテンツのレベルにない。坂本も同じく多回転は装備していないが、ジャンプの選択が全体として難しく、重要なのは、SPで示したように、全体として今季ずっとそうだが、ジャッジは惜しみなく彼女をプラス評価する準備ができている。これにおいて、ちなみに、反ロシアの陰謀を訴える必要はない。皆競争相手を望んでおり、加えて、日本はフィギュアスケートにおいて重要な市場だということを忘れてはならない。

坂本のショートプログラムの基礎点は32.95点で、合計で彼女は技術点43.32点を獲得したが、それはつまり10.37点多いということだ。参加者の中で彼女以上にジャッジからこれほど気前のいい加点をもらった人はいない。この指標については彼女は素晴らしい滑りを見せたシェルバコワを追い越した。アンナはショートプログラムの基礎点が少しだけ高い33.01点で、技術点は42.87点をとった。すなわちジャッジからの加点は9.86点だった。

そう、違いはたかだか0.51点だが、ここには、坂本は技術点でシェルバコワにかったという事実があり、同様に、この日本女子にはジャッジプロトコルにおいて3点より少ない加点がないという事態があり、とても特徴的だ。シェルバコワはコンポーネンツ評価においてのみ高いという状況だ。

靴 ー 称号への道における障害

アンナは今季最高のショートプログラムの滑りをみせ、またもや彼女には鉄の意志と、最も必要な時に自分の最大限を引き出すというトップレベルの競技ではとんでもなく重要な能力を皆に示した。おそらく、状況が難しくなればなるほど、彼女にとって良くなる。壊れた靴の話は実際にはとても深刻でしょう。新たな靴が履き馴染むには数週間かかるが、これは辛く極度に痛みを伴うプロセスだ。

これはフリープログラムの展望に影響を及ぼしうる。新たな靴でジャンプを跳ぶのは新たな課題だ。これはとりわけ残念だ、なぜならシェルバコワは完全に4回転をとり戻していて、同僚の証言から判断するに、北京で最初の練習では4回転の問題はなかったからだ。アンナとエテリ・トゥトベリゼは決断しなければならない。フリーでリスクを冒すか、4回転なしのクリーンな演技に期待をかけるか。3位に入るためにはクリーンな演技を掴み取らねばならない、特にもしシェルバコワがトリプルルッツートリプルループのコンビネーションジャンプをやるなら。この様な難しい組み合わせは坂本は装備していない。その様な場合には金メダルの夢は見られないというのが真実だ。

何のためにトゥルソワはトリプルアクセルを跳ぶのか?

自分のレベルで安定した演技を見せたのはトゥルソワだ。いつものトリプルアクセルの試みはいつも通り転倒という結果で、またもや評価は74点ー75点近辺だ。アクセルは加えて回転不足となり、その基礎点は8点から6.4点へ下げられた。合計でアレクサンドラは3.20点しか獲得できなかった。そしてここに転倒のペナルティが加えられる。

比較してみよう。ダブルアクセルの基礎点は同じ3.20点。加えて良い実施には加点が加えられる。すなわち、トゥルソワがダブルアクセルを跳べば、例えば今より2点高い点を得られたであろう。特典は77点近辺までなりえた。

他方、アレクサンドラの蓄えには4回転が散りばめられたフリープログラムがある。記録的な4回転5本に臨む必要すらもない。問題なくライバル達を葬り去るためには、例えば3本でクリーンな演技でも十分足りるのだ。その様な場合には、坂本に遅れをとっている数点すらも問題ではない。自国のグランプリシリーズで勝利した際は坂本はフリーで146.78点を獲得した。これは彼女の今季最高の結果だ。比較してみよう。先日のヨーロッパ選手権でトゥルソワはフリーで4回転4本を跳び、2回転倒した(4回転のコンビネーションジャンプは1つもない)が、159.23点を獲得した。この事態でも差はとても大きい、ほぼ13点だ。

{“wm”:1}

ワリエワは優勝候補筆頭

一方、ワリエワのポテンシャルはまだ強大だ。北京で彼女はトリプルアクセルでステップアウトし今シーズン初めてショートプログラムでミスを犯した。一方、残りの全てのエレメンツは最高レベルでジャッジから加点評価された(坂本もそれほどの気前の良い加点を受けていない)。最近の有名な状況を考慮すると、十分正常な結果だ。

オリンピックの金の運命は依然としてワリエワの手中にある。競争相手は彼女の失敗を待たねばならないが、何の保証もない。2022年欧州選手権ではカミラはフリープログラムでトリプルアクセルで転倒しコンビネーションジャンプでミスしたことから多少の避難は免れ得なかったが、それでも168.61点を獲得した。その時4回転フリップ入りの非の打ちどころのない演技をしたシェルバコワはほぼ同じ168.37点を獲得した。だが今、靴についての不運な出来事があった後、アンナが4回転を跳ぶ準備ができているという状況からは程遠い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました