ロシアフィギュアスケート連盟のウェブサイトに掲載されたリーザ(・トゥクタミシェワ)のインタビュー記事です

– 今シーズン開幕前、インタビューで「キャリアを続けるモチベーションを見つけた」と明言されていましたが、そのモチベーションとは、さらなる発展性です。新しいフリースケーティングのプログラムは、それを確認するためのものと考えていいのでしょうか?

– そうだと思います。一般的には、このプログラムをセットして滑り始めるだけで、完走できないこともあり得たと思います。私にとっては天啓とも言える出来事で、心血を注いで取り組んでいるところです。これまでの東洋をテーマにしたプログラムなどとは、まったく違うものです。期待されていないこと、見たことのないことをやってみるのは自分にとって面白いことで、それが評価されたのはとてもよかったと思います。新しいイメージを本当に具現化し、巻き起こすことができる、そのイメージは本当に身近なものであることを、みんなに知ってもらえたと思います。好きなんです。シーズン当初に私が言ったことは、このプログラムではすべて正当化されるのでしょう。

– このプログラムはどのようにあなたの身近にあるのでしょうか?

– このプログラム、私が感じているのは、物理的な盲目のことではありません。また、この作品は孤独をテーマにしており、盲目のヒロインのイメージには、ある種の空虚さ、何かを受け入れない、無力感といったものがあるのです。そのすべてが、この音楽とプログラムに反映されているのです。すべての動きに、「欲しいけど、触れない」「見えない」という感覚が表れています。それをプログラムの瞬間で伝えるのはなかなか難しい。体験して自分の中から引き出すだけでなく、プログラムや演じる要素にも気を配る必要があるのです。でも、このプログラムでは、気分転換ができるところがいいですね。一筋の黒い筋ではないこと。でもそれ以上に、悲劇的な結末が好きなんです。私が悲観論者だからというわけではありません。その方が、プログラムを楽観的に終わらせるよりも、私には理にかなっていると思います。

– このプログラムの衣装、バラのイメージからすると、チャップリンの映画に出てくる目の見えないフラワーガールにちなんだものがあるのでしょう。でも、このプログラムには、あなた自身の物語があるのよね。

– そう、目の見えない女性の話です。子供にも、恋人にも会えず、運命的なものを感じている。しかし、ある時、一筋の希望が見えてくる。記憶の中に沈んでいくうちに、まるで啓示を受けたかのように、見える、判別できる、触れる、感じられる・・・しかし、それは彼女にとってのみ思える感動があるのだから。それが夢であれ、彼女の圧倒的な願望であれ、内なる体験に基づくものである。恍惚の境地を味わった後、現実に戻り、自分の苦悩と折り合いをつける。彼女は自分の運命を受け入れ、その中で意外にも彼女の強さが明らかになる。
このプログラムのアイデアは、ディレクターのエリザベータ・ナヴィスラフスカヤが発案したものです。しかし、このプログラムには、コーチングチーム全員で一生懸命に取り組みました。

– 自分の性格でいえば、流れに身を任せる、変えられないものをそのまま受け止める、といったところでしょうか。あるいは、牛乳の入った水差しに入ったカエルが、溺れないように、牛乳がバターになるまで自分の足を叩き、そのおかげで外に出ることができたというたとえ話のような行動をとるのでしょうか?

– 私にとって、不確実な状況下での最善の解決策は、常に自分が知っていることを行うことです。そして、そうしなければならないからではなく、いつもそうしたいわけではないのですが。ただ、「暗い時」には必ず「光」を見出すべきだと思うのです。そして、私にとってフィギュアスケートは人生の光であり、今の私の人生のメインなので、もちろん、私が行うこと、私のプログラム、アスリートとしての私の成長に強い関心があれば、そこに出口を見出すことができます。

私は上記のすべてを組み合わせることが多いですね。自然に浮き足立って、何かをしようとすると同時に、あまり無理をせず、流れに身を任せ、希望を持ちすぎないように、叶わなかったとしてもあまりがっかりしないように、状況を明確に理解し、自分の生活の中で何かをより良く変えていく方法を探していきます。

– スポーツ人生は、毎日、毎年、たどる道に例えることができます。しかし、突然ルートが変わり、明確な目的地のない、別の道を提供する。しかし、かつての「コンフォートゾーン」から一歩踏み出すことで、別の自分を満たす方法を見つけることができるのです。

– はい、そうです。

– ご自身ではどのような発見がありましたか?

– ちょうどこの話題に触れようとしていたところでした。こういうシーズンになると、自分の力ではどうにもならない理由で計画通りにいかないとき、世界選手権に出るという具体的な目標がどこにもないとき、準備に費やしたエネルギーの一部を本番にぶつけることができるのです。そこで演じること、そしてそのすべてを組み合わせること。様々なキャラクター、中には初めて見るキャラクターにも挑戦し、観客の感情を揺さぶることができます。並行して別のことをやってもいいんじゃない?外国語の勉強を始める。それは、開発することです。そして、自由な精神でそれを行うことです。なぜなら、そのような厳格な制限や、すべてが準備とパフォーマンスのみに従属するような厳格なスケジュールは存在しないからです。

前回のオリンピックシーズンは、まったく何も集中していなかったのを覚えています。私はただ練習していただけです。私には生き残るための具体的な課題があったのです。今シーズンは確かに他の理由もあって楽ではありませんが、心理的には自由にクリエイティブになれるので、私にとっては楽なのです。私の技術は、これによって悪くなることはありません。やはり、自分ができること、得意なことをやるのが大事ですね。でも、そのほうがトレーニングもスケートもしやすいんです。「今シーズンは少し路線を変えて、違うコースで行こう」と言われたら、そのプラス面を見つけ、それを活かしていかなければなりません。

– 最近のジャンプ選手権のような新しい形式の大会は、どの程度、興味やモチベーションを与えているのでしょうか?

– 本当に楽しかったです。原則的には、以前チャンネル・ワン・カップで実践したのですが、当時は独立した大会ではありませんでした。そして、今、これだけのジャンプ選手権を作ったということは、カッコイイ! すべてがよく整理されていた。チームごとにグランドが分かれていて、そこにこもって応援できるのがよかったですね。リンクは暖かく、チームと一緒にリンクにいる時間が長くても問題ない。そして、和やかな雰囲気でした。

– ジャンプに特化した大会ということで、最初は懐疑的な目で見られたかもしれません。しかし、大会は興味をそそる内容で、予告なく数時間が過ぎていった。

– そうですね、特に団体戦の優勝は面白かったです。そして、競技者だけでなく、観客にとっても。

– 個人競技には参加しなかったんですね。なぜ、そのような決断をされたのですか?

– 当初は、団体戦で4回転トゥループをやっても、団体戦が終わると体力が必要な中、個人戦では疲れが出てしまうので、やらないことにしていたんです。それに、個人戦ではトリプルアクセルでやることがなかったんです。女子は他の4回転を跳ぶでしょうから。ですから、特にその時は体調が万全ではなかったので、冷静に準備をしようと思ったのですが、それは正解でした。

– プロなら誰でも認めてもらいたい、公人であるスケーターは特にそうです。リーザ・トゥクタミシェワは、多くのスケーターにとって、その長いキャリアから、フィギュアスケートへの献身の象徴のような存在であり、経験豊富なアスリートでも超能力を発揮できることを証明する存在となっています。もちろん、それはいいことです。しかし、それ以外に続けるためのインセンティブはあるのでしょうか?

– もちろん、発展がなかったら終わりですが。よくわからないけど、まだやれる気がする。自分の中にある可能性、もっとこうしたい、ああしたいという欲求を、後で後悔しないように、実現したい。そしてもちろん、周囲の環境、コーチ、チームも大きな役割を担っている。「私の誕生日をみんなで祝おう。気持ちいい!」。なんといっても、とてもいいチームですからね。そしてそれは、私がスケートというスポーツを続ける理由の一つでもあります。アレクセイ・ミーシンコーチ、チーム、私の身体能力、これらすべてが合わさって、このような結果が得られたのだと思います。

– 私たちの思考は物質的なものだと言われます。例えば5年後、10年後の自分はどうなっていたいですか?

– 自分に自信がある、フィギュアスケート以外のことでも成功している、スポーツ以外のこともできる、自分はそれが得意なんだという気持ちがはっきりしている。

なんだろう、18歳の時は「26歳になったら変わっている」と思えたけど、時間が経っても、少なくとも肉体的には変わっていないんです。それはいいことだと思います。氷の役割もあるのでしょう。「リフティング効果」は永久です。(笑)。

でも、自分がどうなりたいかではなく、何を実現したいかという話になると、自分だけでなく、みんな、世の中の多くの人のためになるような仕事を見つけたいですね。

見ている、見たい、でも難しい。正直言って、新しいことを始めるのは怖い。20年間、得意な一つのことをやってきたのに、知らない、わからないところから新しいことを始めるのは、失敗して自分のものでないことに気づくのが怖いのね。何かを見つけて、何かを始めて、それが自分だけでなく、みんなのためになると分かれば、それは素晴らしいことだと思います。その時、私の魂に調和が生まれるのです。

アレクセイ・ミーシン – リーザについて。

– リーザ、おめでとう。私の幸せ、私の悲しみ、そして全体的に私のコーチング人生の誇りです。

出典:RIA Novosti

Группа «Самолет» | Квартиры в новостройках Москвы и области от застройщика.
Елизавета Туктамышева | Team Tuktik ✨
Интервью Лизы для сайта Федерации фигурного катания России: — Перед началом этого сезона в своих интервью ты четко дала понять, что нашла для себя мотивацию, ч...
Елизавета Туктамышева | Team Tuktik ✨
— Судя по костюму к этой программе, изображению розы, в этом, наверное, есть отсыл к цветочнице из фильма с Чарли Чаплином, которая была слепой. Но ведь у тебя ...
Елизавета Туктамышева | Team Tuktik ✨
— Спортивную жизнь можно сравнить с дорогой, по которой следуешь каждый день из года в год. Но вдруг маршрут меняется, и предлагают выбрать иной путь, без четко...
Елизавета Туктамышева | Team Tuktik ✨
— В какой степени интерес и мотивацию дают турниры нового формата, например, недавний прыжковый чемпионат? — Мне очень понравилось. В принципе, мы практиковали ...
Елизавета Туктамышева | Team Tuktik ✨
— Каждому профессионалу важно признание, публичному человеку особенно. Лиза Туктамышева для многих фигуристок стала неким символом преданности фигурному катанию...
Елизавета Туктамышева | Team Tuktik ✨
Алексей Мишин — о Лизе: — Поздравляю Лизу — мое счастье, мою печаль, а в целом — мою гордость тренерской жизни. Источник: РИА Новости
Елизавета Туктамышева | Team Tuktik ✨
Алексей Мишин — о Лизе: — Поздравляю Лизу — мое счастье, мою печаль, а в целом — мою гордость тренерской жизни. Источник: РИА Новости
Елизавета Туктамышева | Team Tuktik ✨
Поздравления от Марии Передеровой
Елизавета Туктамышева | Team Tuktik ✨
Истории Валерии Максимовой

コメント

タイトルとURLをコピーしました