«彼と人生を分かち合うと感じていた。»有名なロシアのフィギュアスケート選手の5つの愛の物語

ユリヤ・リプツニカヤはエテリ・トゥトベリゼのグループで夫と知り合った。一方ミハイル・コリヤダが自身の妻に惚れたのは15歳に時だった。

フィギュアスケート選手は自身の生活の大半をリンクですごす。彼らがしばしば自分達の仲間と運命づけられるというのも驚きではない。

例えば、ユリヤ・リプニツカヤは自分の夫とエテリ・トゥトベリゼのグループでしりあった。

ヴラジスラフ・タラセンコは彼女の人生で最も困難な時期にある時に支えとなり助けとなった。

ミハイル・コリヤダとダリヤ・ベクレミシェワは同じリンクで練習していた。

世界選手権入賞者の彼は彼女に15歳で恋に落ちたが、長年自分の感情を打ち明けることができなかった。

有名なロシアのフィギュアスケート選手の愛の物語を5つ話していこう。

«ヴラドとは何年も一緒にいる»

ユリヤ・リプニツカヤは自分の夫ヴィラジスラフ・タラセンコとエテリ・トゥトベリゼのグループで知り合った。

2人は長い間リンクそしてその外で一緒に過ごした。

タラセンコはリプニツカヤの人生で最も辛い時にそばにいたが、その時期は短くなかった。

コーチとの対立、病気、食欲不振、怪我。ヴラジスラフはユリヤがアレクセイ・ウルマノフコーチの元へ移るのを助けた数人のうちの1人。

彼は彼女が引退を決心するのを助けた。

2人はお互いにジュニアの頃から恋に落ちた。

リプニツカヤが自分のプライベートな生活を注意深く秘密にしたにも関わらず、彼女は将来の夫を隠すことは決してなかった。

ユリヤは自分の妊娠も隠すことはなかった。

五輪女王は自分の状況をテレビ局のうちの1つにだけ限定で公表したかった。

しかし事態は不誠実なスポーツエージェントに干渉され、時期尚早に言い広められ、彼女はそれに落胆した。

「ヴラドと私は何年も一緒にいる。勿論、妊娠については落ち着いて然るべきタイミングで語りたかった。そうならなかったのは残念だ。

皆さんの祝福や温かなお言葉に感謝しています」とリプニツカヤはMatchTVに語った。

ユリヤとヴラジスラフの娘カタリナはすでに1才半。2人は家族生活を楽しみ、SNSで喜ばしい瞬間を共有している。

«アンドレイのプロポーズを夢見ていた»

2016年世界選手権銅メダリストのアンナ・ポゴリラヤが私生活に注意を向けることができたのは引退後だった。

それまでこの少女は意図的に関係を構築する機会を避けてきた。

2015年に同選手はアイスダンスのラトビア代表アンドレイ・ネフスキーと知り合った。

彼女達は長い間共に過ごしたが、アーニャは友情が2人を結びつけているのだと気づいていた。

ポゴリラヤのキャリア中断の後に全てが変わった。

彼女はこれ以上自分の気持ちから逃げないと決心した。

2人はデートし始め、2018年の夏にネフスキーはエッフェル塔でアーニャにプロポーズした。

「私はアンドレイのプロポーズを夢見ていた、しばらく前から彼と人生を分かち合うと感じていた。

この人と一緒にいると自分に自信を持てるのです。」とポゴリラヤはインスタグラムに書いた。

結婚後2年して自身の妊娠の知らせを公表し、2020年12月23日にアーニャは娘のエヴァを出産した。

同選手は家族生活を楽しみ、夫と子供との写真をよくインスタグラムに載せている。

«15歳から私は自分の感情を認めるのを恐れていた»

ミハイル・コリヤダは自身の将来の妻にまだ15歳の頃に恋をした。

ロシア男子代表のリーダーはヴァレンチナ・チェボタリョーワのグループでダリヤ・ベクレミシェワと一緒に練習していて、その時この若いフィギュアスケート選手に少女への気持ちが生じた。

でもミーシャは長い間それを認める決心がつかなかった。

しかしじきにベクレミシェワとコリヤダの道はしばしの間離れることとなった。

ダリヤはペアへ移行しハンガリー代表となった。でも彼女への気持ちはやむを得ない別れにより冷めることはなかった。

すぐにミーシャはそれでも自分に力を見出しダリヤに自身の愛を打ち明けたのだ。

「15歳から自分の感情を認めることを恐れていた、あなたは私を見ていないと思ったし、私たちの交流も終わってしまう、でも今私は堂々とその間あなたを愛していて、愛し続けるといえる!」とインスタグラムにコリヤダは書いた。

2019年7月にベクレミシェワは結婚の写真を公開した。

2人はお互いにとても幸せそうに見える!結婚後コリヤダは開花した。

同選手はより自信をまし、自身のキャリアを再稼働させた。

ミハイルのルネッサンスの多くはミーシンコーチの元への移籍に関係している。

でもコリヤダの成功は、彼のためにスポーツから離れた妻の支えなしにはなし得なかっただろう。

«あなたは私たちの天使にとって素晴らしい父になる»

世界選手権銀メダリストのアリョーナ・レオノワは自身の幸せをエフゲニー・ルカヴィツィンの元で練習していたアントン・シュレポフと共に見つけた。

最初の頃は2人の交流は成熟しなかった。

アントンは彼女をスター選手の自惚れ病ではないかと疑っていた。

見掛け上の悪意の向こうに温かな気持ちが隠されていたのが明らかになったのは後になってのことだった。

その時彼女は彼氏がいたものの、シュレポフは美しくレオノワの心を掴んだ。

しかしアントンはアリョーナのハートを溶かすためにできることは全てし、彼は成功した。2人は付き合うようになった。

「私はこのような幸せをもたらした運命に感謝している。ありがとう、あなたは私の人生にやってきて明るい色彩で彩ってくれた。愛、心配り、理解をありがとう。私は愛され幸せ、これは最も重要なこと。」とレオノワはインスタグラムに書いた。

2017年11月シュレポフはレオノワにプロポーズしたが、結婚はその1年半後に実現した。

2人は最も親しい人たちを招待し美しい式をあげた。

2021年10月にはアリョーナは喜ばしいニュースを明かした。

夫妻は子供の誕生を待っていると。

「もうすぐ、少なくとも面白く充実した生活が私を待っている。アントン、私はあなたが私たちの天使の素晴らしい父になることを少しも疑ったことはない。愛してる、尊重してる」とレオノワは書いた。

«結婚式はいつか?私達はもう結婚して1年にもなる»

2019年ユニバーシアード女王のベティナ・ポポワと2020年欧州選手権入賞者のデニス・ホディキンは2019年から付き合い始めた。引退の後彼女は自身の自由時間を愛する人に捧げた。

2020年にベティナはデニスと彼のパートナーのダリヤ・パヴリュチェンコのトレーニングチームに入った。

ポポワはデニスに全面的な支援をしながら実際に全試合2人に付き添った。

側から見れば若い2人はとても幸せそうだが、2人が結婚していると気づく人は稀だった。

2人は2020年8月に結婚の届出をしたが、長い間これは秘密のままだった。

「結婚式はいつか?私達はもう結婚して1年にもなる。隠しているというわけではなく、話していないだけ。8月に結婚した。結婚式はない、ただ届けを出しただけ。私達がまだこうしているのは、隔離が始まり、誰かが入院するようなひどい場合には、親族は訪問を許されるだろうから。そしてあらゆる他の厄介ごとも。例えば、もし私の両親のいるキプロスへ行くなら、大量の書類を正式に作成せねばならない」と露連盟のインタビューでポポワは語った。

関係を登録する決断は自発的なものではなかった。

ホディキンは結婚式を2020年欧州選手権の後にと考えていた。

デニスは愛する人に指輪をグラーツで買った。

2人は結婚を誰も変更できないとわかっている。

彼らの関係同様、2人は以前のままであり続けた。

「これはフィギュアスケートが私に与えてくれた最も貴重なもの。フィギュアスケートからの最高の宝物。正直に言うと、私たちがデートしたとも思わない。ただある時私達は『では、うん、多分、カップルは一緒に暮らす。そうした方が心地よい』と思っただけ。」とポポワは認めた。

«Почувствовала, что разделю с ним жизнь». 5 историй любви знаменитых российских фигуристов
Юлия Липницкая познакомилась с мужем в группе Этери Тутберидзе. А Михаил Коляда влюбился в свою жену в 15-летнем возрасте.

コメント

タイトルとURLをコピーしました