『フォースマジュールが起きた。』サマリンはどのようにロシアカップシズラニ大会の流血を超えて勝利したか

今時点で最高のロシア男子シングル選手のインタビュー。

ロシアカップ第1戦シズラニ大会。男子シングルの総合結果は以下の通り。

1位アレクサンドル・サマリン— 276.51
2位アレクセイ・エロホフ— 264.53
3位ロマン・サヴォシン— 247.39

アレクサンドル・サマリンの五輪シーズン初期の滑走はーまさに天啓。独創的で前衛的ですらあるプログラムだが、今回は見栄えがした。何故なら23歳の軍人は自分の高難度のコンテンツをこなすから。

演技では、あのコリヤダよりも彼の方が素晴らしかった。シズラニでは彼は超高得点の276.51点で優勝した。ボーナスは5点、でも試合では幅が印象的だった。

サマリンに関してはしばしば言われるのが ー 意志の強い男性、でもプログラムにおいては ー ある種の恥ずかしさが、そしてコスチュームについては、あの、いえ…

私の謙虚な見立てでは、これは偽善。人は少なくとも目立つもの!

でも今年のフリーの衣装は、そういえば、情報源によると、変更可能である ー クリーンな白のヴァリエーションが存在する。もし誰かが交換を待っているなら。

シズラニを発つ前に空港でアレクサンドルはジャーナリストの質問に答えた。

鼻からの出血ー新たなステップ

記者:アレクサンドル、結果には皆満足?点は高く、記録的で、でもどれほど真剣に受け止めてる?

サマリン:SPは確かに幾分か良かった、FS前にちょっとしたフォースマジュールが起きた。実際のところはFS前に鼻から血が出た。

なのでいくらかざわついた。でも全体として最初としては悪くない結果で、1位から始まるのは快い、特に昨季はあまり上手くいかなかったから。

チーム、そしてマルクと共にオーバーストドルフへ行っているソコロフスカヤ先生にはと
ても感謝している。

彼らのため拳を握り信じている。でも私は分かっている、この記録的な点数は国内大会におけるもので、国際大会ではジャッジはもう少し厳しい。

私は今総じて点数を追い求めていない。滑り、試合にでて穏やかに調子を整え、かつてを取り戻したいという願いがある。

記者:鼻血ーこれはプレッシャーによるもの?

サマリン:わからない。この問題は総じて私には頻繁に起きるものではない。これは新たなステージの様なものかな笑

記者:あなたは今体の調子は良いと感じている?体のピークまでもう少し?

サマリン:私達はただ始め、徐々に歩み、どこへも急いでいない。でもこれは練習の時のこと。今言えるのは、グランプリシリーズ(以下GPS)まで数試合あり、その後同シリーズがあるということ。

記者:結果によってGPSから引き上げることあるということ?それともそこへはあなたは全力は尽くさないということ?

サマリン:私は今可能性に応じて自分のことに打ち込んでいるといえる。どんな可能性か ー 打ち込むほどの(可能性)。

記者:あなたには今日クールなコンテンツがありました、ルッツを2つ。もしかして4回転5本を決心している?それともそんなことができるのはトゥルソワだけ?

サマリン:おお、そのテーマはスルーさせて。

私のスタイルー他の人とは違うもの

記者:マルク・コンドラチュクのNebelhorn Trophy遠征はどの様にして決まったのでしょう?おそらく、テススケの後にあなたを含め様々な案があった?

サマリン:ソコロフスカヤ先生がこのテーマについて話していた、私は何も補足はない。
私にはネガティブな感情はない、私達は1つのチームです、

もちろん。どうすればネガティブになれるというのか?連盟はチームにとって正しい決断をしたと考えている。私は何の疑問もない。

記者:あなたはファンの意見に関する事情においては『鈍感』だとか言っていました。でもこの『鈍感』は失われつつある?

サマリン:私達は練習しトレーニングしている。いずれにしても、私には、他の人とは異なる自分の滑りのスタイルがあり、いいなりになりたくない。

ある種の鈍感さがあることはわかっている、否定しない、でも私達のチームと振付師のニキータ・ミハイロフには、私の最も強い面を引き出すきちんとした素晴らしいプログラムがある。

アイディアはまず振付師のものだが、私のものも含まれている。

記者:あなたは具体的なイメージを滑るのが好きと語っていました。愛や優しさではなく。フィギュアスケートの規格化された点が好きではない?

サマリン:はっきりしたわかりやすいイメージがあり、私達は彼らを伴って当てに行き、私はそれらをよく感じられる。

頭にくっきりとした画、ストーリーがあるとき、これは滑りを容易にする。でも私はこれを大っぴらに話したくない。私のプログラムがあり、私の滑りがあり、私はそれらを考えている。

記者:若き芸術家マルク・コンドラチュクはコスチュームを助けなかった?

サマリン:初耳!マルク ー 彼はとても多面的な人間で、好きなことだけに取り組む。今は彼をただ彼を応援し、Nebelhorn Trophyでのパワーを送りたい。

記者:代表のライバルと一緒のリンクで練習することはどれほど関係に影響を与える?ライバル間で友情の順位はある?

サマリン:よく聞いて、私はすでに代表のベテランの1人。私より年上はミーシャ・コリヤダだけ。この問題にどう答えればいいかわからない。

でも私は来る年も来る年も私には他の選手との関係性に問題はないと言っている。だから ー ええ、私達は交流し、友情関係を持ち、全て上手くいっている。

プログラム“Borther2“のプログラム?少しずつ前進しよう

記者:昨シーズン後、第1戦にはもう戻らないという感覚が湧いてきた?

サマリン:昨季あった多くのことはもう思い出したくもない。でもそれは課題とキックを授けてくれて、頭を揺さぶり、全てを整理してくれた。私は今ただ自分の物事を楽しんでいる。

記者:最も上手くいったシーズン、ハビエル・フェルナンデスと激しい争いを見せた欧州選手権、覚えていますか。危うく彼を引退試合で称号無しにするところでしたね?

サマリン:なんと温かく快い思い出だろうか ー ええ。でもハビエルについてははっきり覚えていなくて、ただその試合に関しては、その時できた多くのことがはっきりとした境目を取った。

明日まさにアイスショー«フィギュアスケートに恋して»に僕も彼もでる。緊迫した3日間。

記者:ショー、これは息抜き?

サマリン:これも準備の1つのステップ、観客との接触。リンクに1人、照明の点で独特な障害がある。なのでこれは満足のためでもあり、経験のためでもある。

記者:シズラニは気に入った?

サマリン:ええ、人々は温かく、客席は大きくなかった様だが、でもとても応援がよく見えた。
(サマリンのファンはアリーナでサマリンにこんな質問を:『キスクラでなんと言っていたの?ヤグディンのせいで何も聞こえなかった!』サマリンは少し驚いて答えた:『ああ、はいただ感謝を述べました』)

記者:でもロシアカップの権威を上げようとする必要はあった?あの街まで遥々移動して?それか海外のチャレンジャーシリーズには権威で劣る?

サマリン:今年は参加の理由は地域の移動によるもの。でも国際試合はそれでもISUの主導で行われていて、レーティングもつく、一方これは国内試合で、それら2つを比較するのはあまり正しくない。でもこれはシーズンの準備には大切な試合だ、いうまでもなく。私にとってははっきりしている。

記者:サマリンはサマラ州での試合に出た ー 自分の街だと感じる?

サマリン:話すのは難しい、私は根本的にモスクワっ子。でもこの勝利におけるシンボリズムはある。

記者:あなたはCSKA代表。このグループで何を得ましたか。

サマリン:これは素晴らしく幸運な経験。ただ気づいたらこの輪におり、素晴らしいと感じている。

記者:サッカーはCSKAを応援している?

サマリン:う〜ん…時々見るけど、トップ選手権を見る方が好き。代表戦を見る方が満足感を得られる。これは少し違う。

記者:そして終わりには ー あなたの好きな映画について少々良いですか?あなたは映画でしばしば滑りますよね、『ジョーカー』、今は『マトリックス』。

サマリン:『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』。『クワイエット・プレイス』も印象深かった、最初の部分。

記者:ロシア映画は?『マトリックス』の年代からだと、例えばバラバノフ監督とか思い出されますが。

サマリン:おおそうですね。自分だと『Brother2』とか、宗教的で素晴らしい映画、『Sisters』も。

記者:『Brother2』でプログラムやりますか?

サマリン:(笑)少しずつ進んでいきましょう

Фигурное катание. Мужчины. Кто победил в Кубке России в Сызрани. Интервью Александра Самарина

コメント

タイトルとURLをコピーしました